トップページへ Yahoo!ショッピング 楽天市場 Facebookページ  いいね!で
チェック!
お問い合わせ English
岡山・倉敷の地酒 「燦然」「倉敷小町」「櫻冠」「黒田庄」 菊池酒造株式会社
岡山 倉敷 地酒 蔵元紹介
岡山 倉敷 地酒 燦然 ニュース
岡山・倉敷の地酒 燦然 Yahooショッピング
岡山・倉敷の地酒 燦然 楽天市場
奇跡のお酒
岡山 倉敷 地酒 おすすめ
岡山 倉敷 菊池酒造 催し
岡山 倉敷 酒蔵見学 菊池酒造
岡山 倉敷 地酒 燦然 買えるお店
岡山 倉敷 地酒 燦然 飲めるお店
岡山 倉敷 地酒 燦然 できるまで
岡山 倉敷 菊池酒造 規約・個人情報
岡山 倉敷 燦然 菊池酒造 お問い合わせ
岡山 倉敷 燦然 菊池酒造 Facebookページ
Kurashiki Sake Sanzen English Web Site
菊池酒造_蔵元紹介
| 倉敷の酒蔵・菊池酒造 | 社長杜氏・菊池東 | 自然栽培米による酒造り | 音楽人として酒蔵コンサートを主催 |

倉敷の酒蔵_ロゴ
概要
  「燦然」「木村式奇跡のお酒」「倉敷小町」の蔵元である菊池酒造は、かつて千石船が行き交い備中玉島港町(現岡山県倉敷市玉島)として繁栄した昔の問屋街の一角にあります。明治11年に創業。数多い酒の中にあって一段と輝く素晴らしい酒であるようにという願いから、酒銘を「燦然」(さんぜん)と名付けました。
  酒造りの期間中は、モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、酒米の王様「山田錦」や岡山の誇る酒米「雄町」、また「朝日」「アケボノ」といった酒造りに適した米を使い、優れた水質を誇る高梁川流域の水と、各品評会で常に高い評価を受ける備中杜氏の卓越した技でもって、品質本位をモットーに伝統を守った酒造りを行っています。この結果、出荷先は岡山県内に留まらず、特産酒米・雄町米を使用した純米酒を中心に首都圏をはじめとする県外にも出荷しております。また特定名称酒の売上比率が90%以上、(大)吟醸・純米(大)吟醸の比率も50%以上と、比較的高価な清酒の比率が高いことも特徴の一つです(2015年現在)。
  さらに近年では、貯蔵設備の整備、火入れ装置の高度化、最新の洗米機・キャッパーなどの導入を行うなど、品質を高めるための設備投資も積極的に行っています。



海外への取り組み
  昨今海外の多くの国で和食の人気が高まっていると言われており、近年では2013年の和食のユネスコ無形文化遺産の登録や2020年開催予定の東京オリンピックなど、より和食が海外で注目を浴びやすい状況となっています。
  この世界的な潮流に対し、菊池酒造では2013年からのアメリカ合衆国への出荷を皮切りに、2016年現在、オーストラリア、中華人民共和国(北京、香港)への継続的な輸出を行っております。これら輸出先国には、直接当社から蔵元が顧客先に伺い、現地の日本酒の消費の動向の確認や、自社のお酒の特徴やおすすめの楽しみ方を顧客先に紹介するなどして、海外のお客様にもより当社商品や日本酒を美味しく楽しんでもらえるように努めております。

                                
社長杜氏_ロゴ
一度飲んだら忘れられない酒を造りたい
 弊社社長・菊池東(きくち とう)は、"旨みがあってキレの良い、一度飲んだら忘れられないような理想のお酒"を自らの手で実現したいと考え、平成8年、酒造りの責任者である杜氏に就任。"伝統を育み、未来に伝えるこだわりの美酒づくり"をモットーに、モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、大吟醸から普通酒に渡り、自らの手で洗米からしぼりまでの全工程においてきめ細やかな酒造りを行って参りました。その卓越した技術は数々の品評会の受賞歴が物語っており、その挑戦は今なお続いています。
略歴    昭和46年   広島大学工学部醗酵工学科卒業
昭和48年   国税局醸造試験所研修生2年間研修終了
菊池酒造株式会社に入社
平成元年   菊池酒造株式会社代表取締役に就任
平成8年   備中杜氏川上勉から杜氏を引き継ぎ社長杜氏となる
平成14年   杜氏となってはじめて全国新酒鑑評会で金賞受賞する
[受賞歴]   全国新酒鑑評会 連続金賞受賞(平成26,25,24,20,19,18,17)
インターナショナル・ワイン・チャレンジ2012 大吟醸部門 金賞
岡山県清酒品評会吟醸の部 第1位県知事賞4年連続受賞
広島国税局清酒鑑評会 吟醸・純米酒 5年連続優等賞受賞
広島国税局清酒鑑評会 本醸造     4年連続優等賞受賞


田植え式に参加(中央 2010/6)
肥料・農薬を使用しない自然栽培米による酒造りに挑戦
  2010年春、ここ岡山で、より安心・安全なお米の安定的供給を目的とした『岡山県木村式自然栽培実行委員会』が立ちあがりました。絶対不可能と言われた無農薬・無肥料でのりんご栽培を実現した、『奇跡のリンゴ』でご高名な木村秋則氏の技術指導のもと、賛同される農家の皆様によって自然栽培の米づくりを行い、弊社を含む岡山の企業や一般会員の方々にこの自然栽培米が供給されています。
 弊社社長もこの『岡山県木村式自然栽培実行委員会』の立ち上げに副理事長として参画。この肥料も農薬も使わない自然栽培米用いて、これまで純米吟醸酒や純米大吟醸酒を醸し、多くの方々に楽しんでいただいております。


ブルガリア国立
ソフィアフィルハーモニーを指揮
音楽人として、自ら酒蔵コンサートを主催・演奏
 弊社社長は、実はちょっとした音楽人としての顔もあります。
 5歳よりヴァイオリンを始め、大学時代には広島大学室内合奏団の指揮者としてクラブ活動を続ける傍ら、広島市民交響楽団(現広島交響楽団)の団員としてオーケストラ活動を開始。‘74年倉敷室内管弦楽団(現倉敷管弦楽団)を設立し、現在まで36年にわたり同楽団の常任指揮者として活躍。‘06年7月にはブルガリアホールにおいて、ブルガリア国立ソフィアフィルハーモニーを指揮する機会を得、「新世界より」を演奏し好評を博しました。
 また‘90年にはソロヴァイオリンリサイタルを開催。’03年には日本を代表するヴァイオリニスト、久保陽子氏と「久保陽子と仲間たち」にてブラームスのピアノ五重奏曲のヴィオラパートで共演致しました。
 この全国の蔵元のなかでも珍しい経歴をいかし、10年以上前より、酒造りの期間中、蔵の中に蔵元自身が厳選したモーツァルトの楽曲を流す試みを行っています。また毎年春には、蔵元自身が室内楽メンバーとなり演奏を行う酒蔵コンサートを開催。2010年4月のコンサートでは『モーツァルト 弦楽5重奏曲ハ長調・ト短調』をヴィオラ奏者として演奏。曲目解説・演奏・新酒の紹介と多彩な仕事ぶりもあいまって、毎年好評を博しています。

2010酒蔵コンサートより


菊池酒造_専務
都内大学院修了(修士課程)後、大手電機メーカーの研究所に3年間勤務。この間、主にロボティクス・メカトロニクス関連の研究を行っていました。2010年4月に帰岡し、菊池酒造株式会社に入社。主な新規取組みに、首都圏での販路拡充や輸出事業の立ち上げ、インターネットを使った情報発信・販売等が挙げられます。異分野出身ならではの視点で商品企画や販路開拓を行いつつも、地道な品質本位の酒造りへの真摯な姿勢が重要と考え、冬季は酒造りもわずかながら手伝っております。

| 倉敷の酒蔵・菊池酒造 | 社長杜氏・菊池東 | 自然栽培米による酒造り | 音楽人として酒蔵コンサートを主催 |


>>岡山/倉敷の地酒 【燦然】 トップに戻る
お酒は20歳になってからお飲み下さい。