トップページへ Yahoo!ショッピング 楽天市場 Facebookページ  いいね!で
チェック!
お問い合わせ English
岡山・倉敷の地酒 「燦然」「木村式奇跡のお酒」「倉敷小町」菊池酒造株式会社
岡山 倉敷 地酒 蔵元紹介
岡山 倉敷 地酒 燦然 ニュース
岡山・倉敷の地酒 燦然 Yahooショッピング
岡山・倉敷の地酒 燦然 楽天市場
奇跡のお酒
岡山 倉敷 地酒 おすすめ
岡山 倉敷 菊池酒造 催し
岡山 倉敷 酒蔵見学 菊池酒造
岡山 倉敷 地酒 燦然 買えるお店
岡山 倉敷 地酒 燦然 飲めるお店
岡山 倉敷 地酒 燦然 できるまで
岡山 倉敷 菊池酒造 規約・個人情報
岡山 倉敷 燦然 菊池酒造 お問い合わせ
岡山 倉敷 燦然 菊池酒造 Facebookページ
Kurashiki Sake Sanzen English Web Site
ニュースリリース

「燦然 大吟醸酒 / 特別純米 雄町/ 木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」
  平成28年広島国税局清酒鑑評会で全3部門優等賞受賞!!



 平成28年10月4日に決審が行われた平成28年広島国税局清酒鑑評会の「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の全3部門において、それぞれ燦然の大吟醸酒/木村式奇跡のお酒 純米大吟醸酒/燦然 特別純米 雄町が優等賞に輝きました。(2016/10/31 更新)。


広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内中国地方5県(岡山・広島・山口・鳥取・島根)の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。平成23酒造年度より、出品部門が「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の3部門に変更になりました。
 平成28年は、「香りを主たる特徴とする清酒」部門で66出品酒中26酒、「味を主たる特徴とする清酒」部門では63出品酒中25酒、「燗酒」部門では57出品酒中22酒に優等賞が授与されています。




『木村式奇跡のお酒 純米大吟醸』 雄町サミット歓評会2016で優等賞受賞!

 2016年8月2日に東京・椿山荘で開催された、岡山の誇る酒米「雄町」を使用した全国のお酒のコンクール「雄町サミット」歓評会の吟醸酒部門で、当社の「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」が、優等賞に輝きました。
「雄町サミット」は岡山県酒造組合・岡山県酒造好適米協議会・JA全農おかやま主催で、全国の酒蔵が求める、岡山ルーツで今なお全国生産量の9割以上を占める高級酒米「雄町」で醸したお酒の魅力をより広く伝えることを目的として開催されています。「雄町サミット」は今回で8回目の開催となります。岡山をはじめ全国の酒蔵から過去最多の194酒が出品され、吟醸・純米酒部門合わせて42酒が優等賞に輝きました。(2016/10/31 更新)


「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」概要
 「奇跡のりんご」で知られる木村秋則氏が提唱する、肥料・農薬を使用しない自然栽培で収穫されたお米で醸した、自然の恵みのお酒です。特に本酒は、岡山の誇る酒米「雄町米」の自然栽培米を使用し、社長杜氏・菊池東の卓越した酒造りの技でもって、フルーティーな香りと、45%まで精白した自然栽培雄町の上品な味わいに仕上がった純米大吟醸酒です。
>>「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」案内ページへ


雄町サミットについて 
>>「雄町サミット2016」案内ページへ



「燦然 大吟醸」インターナショナル・ワイン・チャレンジ2016でゴールドメダル受賞!

 世界最大規模を誇るワイン・コンペティションであるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2016のSAKE部門・大吟醸の部において、「燦然 大吟醸」(精米歩合35%)が、190出品酒中7酒しか選出されないゴールドメダルと、岡山トロフィーに輝きました。
 また、「燦然 純米大吟醸」(精米歩合40%)も純米大吟醸の部でブロンズメダルに輝いております。
 今回の受賞も励みに、よりよいお酒を提供できるように励んでまいる所存です。今後とも何卒「燦然」をよろしくお願いいたします。 (2016/5/21更新)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC),SAKE部門とは
 IWCは世界で最も影響力のあるコンペティションとして知られており、IWCのメダルを受賞することは、生産者の技能が世界的に認められ、小売業者や卸売業者にとっても受賞ワインを取り扱うことは誇りとなります。 今回の「SAKE部門」の審査には、日本酒のサービス、販売等の経験が豊富な関係者が14か国から集められた57名の審査員によって行われました。

>>「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」関連ページへ




「燦然 大吟醸」平成28年 全国新酒鑑評会 金賞受賞

 独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会共催の全国新酒鑑評会にて、燦然の大吟醸(精米歩合:35%)が金賞に輝きました。と社長杜氏はじめ社員一同大変喜んでおりますが、これに慢心せず全商品のさらなる酒質向上に向け努力を惜しまない所存でございますので、今後とも弊社商品をよろしくお願いいたします。 (2016/5/21更新)

全国新酒鑑評会とは
 全国新酒鑑評会とは、日本において唯一となる国のお酒の研究所、独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が共催する、今回通算104回となる全国規模で開催される清酒鑑評会です。その年に製造された全国の清酒の製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、さらなる製造技術と品質の向上を図ることを目的とした鑑評会です。予審が4/20〜22、決審が5/10・11に開催され、優秀と認められたものが入賞酒、さらにその中で特に優秀と認められたものが金賞酒となります。今年は出品酒854点から227点が金賞に輝いています。




「燦然 大吟醸酒」 第99回備中杜氏自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞

 2016年3月25日に開催された第99回備中杜氏自醸清酒品評会にて、燦然・大吟醸酒が第1位優等賞に輝きました。 本品評会は、備中杜氏組合に所属する岡山県・広島県の杜氏が平成27酒造年度に醸した吟醸酒について、広島国税局鑑定官室や岡山県工業技術センターなどの清酒に関する指導官の方々が評価を行っております。弊社大吟醸は2012年の第95回、2014年の第97回でも優等賞第1位を頂いております。(2016/5/2 更新)

備中杜氏自醸清酒品評会とは
 備中とは菊池酒造のある倉敷市玉島を含む、主に岡山県西部地域の旧国名です。特にこの南西部地域においては、江戸時代より酒造りの責任者となる杜氏出身者が集中しており、彼らは「備中杜氏」と呼ばれてきました。本清酒品評会は、現在備中杜氏をおく、岡山県内外の酒造場のもと醸された大吟醸酒を審査し、備中杜氏の酒造りの技術、及びお客様により喜んで頂ける清酒製造への技術研鑽の場となる品評会です。




「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」で「燦然 大吟醸原酒」
  が2年連続最高金賞を受賞!!


 2016/2/24に審査会が開催された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016」の大吟醸部門において、「燦然 大吟醸原酒」が二年連続で最高金賞に輝きました。
 本コンテストは、ワイングラスによって日本酒を飲むと言う新しいスタイルを通じて、日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、"香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・粘性などの"見る楽しさ"を提案し、それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。
 大吟醸部門には273点の出品があり、そのうち弊社受賞酒を含む16酒が最高金賞に選ばれております(入賞率5.9%)さらに「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸(原酒)」(大吟醸部門)、「燦然 特別純米 雄町」(メイン部門)、他1商品も金賞を頂くことができました。
 今回金賞に輝いた3酒は、いずれも弊社の地元岡山県の誇る雄町米を使用したお酒でもあって、大変うれしく存じます。これを励みに、今季の残りの仕込みもますます頑張って取り組んでいきたいと存じます。(2016/3/10 更新)


「燦然 大吟醸原酒」
 酒米の王様「山田錦」を35%に磨き上げ、 杜氏菊池東の酒造りの匠の技の全てを尽くし贅を極めた大吟醸。 吟醸香と呼ばれる華やかな芳香と、バランスの取れた気品に満ちた深い味わいを、冷やでお楽しみください。
>>「燦然 大吟醸原酒」ページへ


「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸(原酒)」
 「奇跡のりんご」で知られる木村秋則氏が提唱する、肥料・農薬を使用しない自然栽培で収穫されたお米で醸した、自然の恵みのお酒です。
特に本酒は、岡山の誇る高級酒米で人工交配されていない「雄町米」の自然栽培米を使用し、社長杜氏・菊池東の卓越した酒造りの技でもって、フルーティーな香りと、45%まで精白した自然栽培雄町の上品な味わいに仕上がった純米大吟醸酒です。
>>「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸(原酒)」ページへ


「燦然 特別純米 雄町」
 岡山が全国に誇る酒米「雄町」は、栽培も酒造りも難しいものの良酒の源となるお米です。
この雄町米にこだわり、社長杜氏のきめ細やかな備中流の匠の酒造りの技を駆使し、雄町酒の特長である幅のあるまろやかな旨みに仕上げた、料理との相性抜群のお酒です。
冷酒からぬる燗まで幅広く美味しくお楽しみ頂ける逸品です。
>>「燦然 特別純米 雄町」ページへ


●ワイングラスでおいしい日本酒アワードについて
>>「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式ホームページ(外部)へ



燗酒コンテスト2015で金賞受賞! 「燦然 特別純米 雄町 / 上撰 本醸造」

 スローフードジャパンと酒文化研究所が主催する『燗酒コンテスト2015』の『プレミアム燗酒部門((720ml 1,100円超)』にて「燦然 特別純米 雄町」が、『お値打ち燗酒熱燗部門(720ml 1,100円以下)』にて「燦然 上撰 本醸造」が金賞に輝きました。  同コンテストは、世界的にも珍しい、アルコール飲料を温めて楽しむ文化のある日本酒のお燗酒に着目した、年に一度開催されるコンテスト(燗酒を取扱う日本酒コンテストの中では日本最大)です。 本大会では、全部門あわせて223社から633点の商品が出品され、30人の審査員により審査が行われ、審査スコアの平均値の上位30%が金賞に選出されています。(2015/8/31 更新)


商品のご案内 
>>「燦然 特別純米 雄町」案内ページへ 
>>「燦然 上撰 本醸造」案内ページへ 
 
「スローフードジャパン燗酒コンテスト2015」主催 酒文化研究所ホームページ
>>「酒文化研究所」ページへ




雄町サミット2015で優等賞受賞! 『燦然 特別純米 雄町』

  7/30(木)に東京・椿山荘で開催された、岡山の誇る酒米「雄町」を使用した全国のお酒のコンクール「雄町サミット」歓評会・純米の部にて、「燦然 特別純米 雄町」が優等賞に輝きました。  雄町サミットは岡山県酒造組合・岡山県酒造好適米協議会・JA全農おかやま主催で、全国の酒蔵が求める、岡山ルーツで今なお全国生産量の約9割を占める高級酒米「雄町」で醸したお酒の魅力をより広く伝えることを目的としたイベントです。歓評会・純米の部では、審査対象53酒のうち11酒が優等賞に輝きました。(2015/8/31 更新)

「燦然 特別純米 雄町」概要
 岡山が全国に誇る酒米「雄町」は、栽培も酒造りも難しいものの良酒の源となるお米です。この雄町米にこだわり、社長杜氏のきめ細やかな備中流の匠の酒造りの技を駆使し、雄町酒の特長である幅のあるまろやかな旨みに仕上げた、料理との相性抜群のお酒です。冷酒からぬる燗まで幅広く美味しくお楽しみ頂ける逸品です。
>>「燦然 特別純米 雄町」案内ページへ


雄町サミットについて 
>>「雄町サミット2015」案内ページへ



「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」で「燦然 大吟醸原酒」
  「燦然 純米大吟醸原酒」がともに最高金賞を受賞!!


 2015/2/26に審査会が開催された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015」の大吟醸部門において、「燦然 大吟醸原酒」と「燦然 純米大吟醸原酒」がともに最高金賞に輝きました。
 本コンテストは、ワイングラスによって日本酒を飲むと言う新しいスタイルを通じて、日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、"香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・粘性などの"見る楽しさ"を提案し、それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。
 大吟醸部門には232点の出品があり、そのうち弊社受賞酒2点を含む13酒が最高金賞に選ばれております(入賞率5.6%)
 何れのお酒もほどよく冷えた状態で、ぜひワイングラスでお楽しみ下さい!!(2015/3/2 更新)


「燦然 大吟醸原酒」
 酒米の王様「山田錦」を35%に磨き上げ、 杜氏菊池東の酒造りの匠の技の全てを尽くし贅を極めた大吟醸。 吟醸香と呼ばれる華やかな芳香と、バランスの取れた気品に満ちた深い味わいを、冷やでお楽しみください。
>>「燦然 大吟醸原酒」ページへ


「燦然 純米大吟醸原酒」
 磨きあげられた山田錦を使用し、洗米からしぼりまでの酒造りの全工程において細心の注意を払い丁寧に醸しました。フルーティーな華やかな香りと、米の旨さが絶妙のハーモニーを織りなす贅沢なお酒です。
>>「燦然 純米大吟醸原酒」ページへ


ワイングラスでおいしい日本酒アワードについて
>>「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式ホームページ(外部)へ



「燦然 大吟醸酒 / 純米大吟醸酒 / 本醸造酒」
  平成26年広島国税局清酒鑑評会で全3部門優等賞受賞!!


 2014/9/29・30に決審が行われた平成26年広島国税局清酒鑑評会の「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の全3部門において、それぞれ燦然の大吟醸酒・純米大吟醸酒・本醸造酒が優等賞に輝きました。大吟醸酒の受賞は10年連続、本醸造酒は9年連続の受賞となります(2014/10/26 更新)。


広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内中国地方5県(岡山・広島・山口・鳥取・島根)の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。平成23酒造年度より、出品部門が「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の3部門に変更になりました。
 「香りを主たる特徴とする清酒」部門では71出品酒中21酒、「味を主たる特徴とする清酒」部門では72出品酒中29酒、「燗酒」部門では60出品酒中23酒に優等賞が授与されています。




「燦然 大吟醸酒」 平成26年岡山県清酒品評会で岡山県知事賞を受賞!!

 

 岡山県酒造組合主催の平成26年(平成26酒造年度)岡山県清酒品評会において、燦然の大吟醸酒が吟醸部門で最高位となる岡山県知事賞に輝きました(2014/10/26)。


岡山県清酒品評会とは
 岡山県内で醸造される清酒の品質向上を図るため醸造技術の研究に資するとともに、消費者の嗜好に対応した真に市場価値の高い酒質とするための醸造技術の改善・向上を促進することを目的とし開催される品評会です。平成26年より、これまでの4月から9月へ開催時期が移行され、部門は従来の吟醸部門・純米部門に加え一般酒部門が加わりました。

>>「岡山県酒造組合 岡山県清酒品評会」PDDページへ(外部ページ)



「燦然 上撰 本醸造」 燗酒コンテスト2014で金賞受賞

 スローフードジャパンと酒文化研究所が主催する『燗酒コンテスト2014』の『お値打ち燗酒熱燗部門(720ml 1,100円以下)』にて、「燦然 上撰 本醸造」が金賞に輝きました。
 同コンテストは、世界的にも珍しい、アルコール飲料を温めて楽しむ文化のある日本酒のお燗酒に着目した、年に一度開催されるコンテスト(燗酒を取扱う日本酒コンテストの中では日本最大)です。
本大会では、207社から477点の商品が出品され、20人の審査員により審査が行われ、審査スコアの平均値の上位3割が金賞に選出されています。(2014/10/26 更新)



商品のご案内
>>「燦然 上撰 本醸造」ページへ


「燗酒コンテスト2014」主催、酒文化研究所ホームページ。
>>「酒文化研究所」ページへ




「燦然 大吟醸酒」 平成26年(25酒造年度) 全国新酒鑑評会 3年連続となる金賞受賞

 独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会共催の全国新酒鑑評会にて、燦然の大吟醸酒が金賞に輝きました。平成24年金賞に続く3年連続の金賞受賞となり、社長杜氏はじめ社員一同大変喜んでおりますが、これに慢心せず全商品のさらなる酒質向上に向け努力を惜しまない所存でございますので、今後とも弊社商品をよろしくお願いいたします。 (2014/10/26更新)

全国新酒鑑評会とは
 全国新酒鑑評会とは、日本において唯一となる国のお酒の研究所、独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が共催する、今回通算102回となる全国規模で開催される清酒鑑評会です。その年に製造された全国の清酒の製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、さらなる製造技術と品質の向上を図ることを目的とした鑑評会です。予審が4/22〜24、決審が5/8・9に開催され、優秀と認められたものが入賞酒、さらにその中で特に優秀と認められたものが金賞酒となります。今年は出品酒845点から233点が金賞に輝いています。




「燦然 大吟醸酒」 第97回備中杜氏組合自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞

 2014年3月24日に開催された第97回備中杜氏自醸清酒品評会にて、燦然・大吟醸酒が第1位優等賞に輝きました。 本品評会は、備中杜氏組合に所属する15蔵の岡山県・広島県の杜氏が平成25酒造年度に醸した吟醸酒について、広島国税局鑑定官室や岡山県工業技術センターなどの清酒に関する指導官の方々が評価を行っております。弊社大吟醸は2012年の第95回から1年ぶりの受賞となります。(2014/10/26 更新)

備中杜氏自醸清酒品評会とは
 備中とは菊池酒造のある倉敷市玉島を含む、主に岡山県西部地域の旧国名です。特にこの南西部地域においては、江戸時代より酒造りの責任者となる杜氏出身者が集中しており、彼らは「備中杜氏」と呼ばれてきました。本清酒品評会は、現在備中杜氏をおく、岡山県内外の酒造場のもと醸された大吟醸酒を審査し、備中杜氏の酒造りの技術、及びお客様により喜んで頂ける清酒製造への技術研鑽の場となる品評会です。




「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014」で「燦然 純米大吟醸原酒」
  「燦然 特別純米 雄町」が金賞受賞!!


 2014/2/27に審査会が開催された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014」において、メイン部門(1.8L 税別2500円以下で中容量の商品があるもの)で「燦然 特別純米 雄町」が、大吟醸部門で「燦然 純米大吟醸原酒」が金賞に輝きました。
 本コンテストは、ワイングラスによって日本酒を飲むと言う新しいスタイルを通じて、日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、"香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・粘性などの"見る楽しさ"を提案し、それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。
 何れのお酒もほどよく冷えた状態で、ぜひワイングラスでお楽しみ下さい!!(2014/10/26 更新)


「燦然 純米大吟醸原酒」
 磨きあげられた山田錦を使用し、洗米からしぼりまでの酒造りの全工程において細心の注意を払い丁寧に醸しました。吟醸の華やかな香りと、米の旨さが絶妙のハーモニーを織りなす贅沢なお酒です。
>>「燦然 純米大吟醸原酒」ページへ


「燦然 特別純米 雄町」
 岡山が全国に誇る酒米「雄町」は、栽培も酒造りも難しいものの良酒の源となるお米です。この雄町米にこだわり、社長杜氏のきめ細やかな備中流の匠の酒造りの技を駆使し、雄町酒の特長である幅のあるまろやかな旨みに仕上げた、料理との相性抜群のお酒です。
>>「燦然 特別純米 雄町」ページへ

ワイングラスでおいしい日本酒アワードについて
>>「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式ホームページ(外部)へ





「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」 『純米酒大賞2013』で金賞受賞


 "純米酒大賞"とは、『「純米酒の酒質と味わいを公正且つ客観的に評価し、優れた純米酒を発掘し表彰することにより、純米酒の品質向上と消費拡大を目的として、2009年より、純米造りの日本酒を対象として開催されている品評会」』(http://fullnet.co.jp/junmaisyu_taisho/ より参照)とした清酒品評会で、木村式自然栽培「雄町」で醸した「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸酒」が本大会で金賞に輝くことができました。フルーティーな香りと、自然栽培の雄町のみずみずしくふくよかな旨味が特徴のお酒です。
同酒は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013」の金賞に続く二つ目の受賞となります。

「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸酒」概要
 「奇跡のりんご」で知られる木村秋則氏指導のもと、肥料・農薬を使用せず自然栽培されたでお米で醸した、自然の恵みのお酒です。フルーティーな香りと、45%まで精白した自然栽培雄町の上品な味わいに仕上がっております。
>>「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」ページへ


「純米酒大賞2013」 ホームページ
>>「純米酒大賞2013」ページへ



「燦然 大吟醸 ,本醸造」 平成25年広島国税局清酒鑑評会で8年連続となる
  W優等賞受賞!


 2013/10/2・3に決審が行われた平成25年広島国税局清酒鑑評会の「香りを主たる特徴とする清酒」「燗酒」の両部門において、それぞれ「燦然 大吟醸/本醸造」が優等賞に輝きました。弊社の大吟醸酒は昨年までの吟醸部門との通算で9年連続、本醸造酒は昨年までの本醸造部門との通算で8年連続の受賞となます。


広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内中国地方5県(岡山・広島・山口・鳥取・島根)の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。平成23酒造年度より、出品部門が「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の3部門に変更になりました。
 「香りを主たる特徴とする清酒」部門では66出品酒中25酒、「燗酒」部門では55出品酒中20酒に優等賞が授与されています。



「燦然 純米 山田錦」 2013年全米日本酒歓評会で金賞受賞


 当歓評会は米国の日本酒ファンが良質な日本酒を知る一助として2001年より毎年開催されており、ホノルルにて8月13・14日に日本と米国の審査員5人ずつによって審査されました。出品酒は、バランス・香り・味・総合評価の四つの基準で目隠しで審査され、一審で全ての出品酒のうち上位半分のお酒が選出され、二審ではその選出されたお酒が再度審査され、その順位で金賞と銀賞が授与されます。
 「燦然 純米山田錦」は、純米酒部門へ出品された104酒のうち、金賞受賞の30酒のうちのひとつに選ばれました。

「燦然 純米酒-山田錦-」概要
 酒造好適米の王様「山田錦」使用。はぜ込みの良い栗香のするこうじづくりで、山田錦のまろやかでありつつすっきりとした味わいを引き出せました。揚げ物,焼肉,焼き鳥,焼き物から和食,中華料理など、幅広いお料理と相性抜群の、辛口純米酒です。
>>「燦然 純米酒 山田錦」ページへ


「全米日本酒歓評会」主催、THE JOY OF SAKE ホームページ
>>「THE JOY OF SAKE」ページへ



「燦然 特別純米 雄町」 雄町サミット2013で3大会連続となる優等賞受賞

  8/1(水)に東京・椿山荘で開催された、岡山の誇る酒米「雄町」を使用した全国のお酒の鑑評会「雄町サミット」にて、「燦然 特別純米 雄町」が3大会連続となる優等賞に輝きました。
 本イベントはJA全農おかやま・岡山県酒造組合・岡山県酒造好適米協議会主催で、全国の酒蔵が求める、岡山ルーツで今なお全国生産量の約9割を占める高級酒米「雄町」で醸したお酒の魅力をより広く伝えることを目的としたイベントです。お酒にまつわる講演とともに、全国の雄町を用いた地酒の鑑評会、そしてその公開利酒会等が開催されました。鑑評会には、吟醸の部と純米の部にあわせて120酒が出品され、両部門あわせて23酒が優等賞に輝きました。(2013/8/2)

「燦然 特別純米 雄町」概要
 岡山が全国に誇る酒米「雄町」は、栽培も酒造りも難しいものの良酒の源となるお米です。この雄町米にこだわり、社長杜氏のきめ細やかな備中流の匠の酒造りの技を駆使し、雄町酒の特長である幅のあるまろやかな旨みに仕上げた、料理との相性抜群のお酒です。冷酒からぬる燗まで幅広く美味しくお楽しみ頂ける逸品です。
>>「燦然 特別純米 雄町」ページへ


>>「雄町サミット2013」案内ページへ


「燦然 純米 山田錦」 燗酒コンテスト2013で金賞受賞

 スローフードジャパンと酒文化研究所が主催する『燗酒コンテスト2013』の『極上燗酒部門(720ml 1,000円以上3,000円以下)』にて、「燦然 純米 山田錦」が金賞に輝きました。
 同コンテストは、世界的にも珍しい、アルコール飲料を温めて楽しむ文化のある日本酒のお燗酒に着目した、年に一度開催されるコンテスト(燗酒を取扱う日本酒コンテストの中では日本最大)です。
本大会では、3部門に204社から432点の商品が出品され、15人の業界関係者により審査が行われ、127点が入賞となりました。

「燦然 純米酒-山田錦-」概要
 酒造好適米の王様「山田錦」使用。はぜ込みの良い栗香のするこうじづくりで、山田錦のまろやかでありつつすっきりとした味わいを引き出せました。揚げ物,焼肉,焼き鳥,焼き物から和食,中華料理など、幅広いお料理と相性抜群の、辛口純米酒です。
>>「燦然 純米酒 山田錦」ページへ


「燗酒コンテスト2013」主催、酒文化研究所ホームページ。
>>「酒文化研究所」ページへ



「燦然 大吟醸」 平成25年(24酒造年度) 全国新酒鑑評会 金賞受賞

 独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会共催の全国新酒鑑評会にて、燦然の大吟醸酒が金賞に輝きました。平成24年金賞に続く2年連続の金賞受賞となります (2013/5/17更新)
全国新酒鑑評会とは
 日本において唯一となる国のお酒の研究所、独立行政法人・酒類総合研究所と日本酒造組合中央会が共催する、今回通算101回となる全国規模で開催される清酒鑑評会。その年に製造された全国の清酒の製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、さらなる製造技術と品質の向上を図る鑑評会です。
予審が4/23〜4/25、決審が5/8・9に開催され、優秀と認められたものが入賞酒、さらにその中で特に優秀と認められたものが金賞酒となります。今年は出品酒864点から233点が金賞に輝いています。



「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013」で「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸
  原酒」「燦然 純米大吟醸原酒 / 特別純米 雄町」が金賞受賞!!


 2013/2/21に審査会が開催された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013」において、メイン部門(1.8L 2500円以下で中容量の商品があるもの)で「燦然 特別純米 雄町」が、大吟醸部門で「燦然 純米大吟醸原酒」「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸原酒」(ただし、使用米は木村式自然栽培雄町米が金賞に輝きました。
 本コンテストは、ワイングラスによって日本酒を飲むと言う新しいスタイルを通じて、日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、"香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・粘性などの"見る楽しさ"を提案し、それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。
 何れのお酒もほどよく冷えた状態で、ぜひワイングラスでお楽しみ下さい!!(2013/3/2 更新)


「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸原酒」
 「奇跡のりんご」で知られる木村秋則氏指導のもと、肥料・農薬・除草剤を使用せず自然栽培された岡山特産米で醸した、自然の恵みのお酒です。フルーティーな香りと、45%まで精米した自然栽培米のきめ細やかで上品な味わいに仕上がっております。(使用米品種:雄町)
>>「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸原酒」ページへ

「燦然 純米大吟醸原酒」
 磨きあげられた山田錦を使用し、モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、洗米からしぼりまでの酒造りの全工程において細心の注意を払い丁寧に醸しました。吟醸の華やかな 香りと、米の旨さが絶妙のハーモニーを織りなす贅沢なお酒です。
>>「燦然 純米大吟醸原酒」ページへ


「燦然 特別純米 雄町」
 岡山が全国に誇る酒米「雄町」は、栽培も酒造りも難しいものの良酒の源となるお米です。この雄町米にこだわり、社長杜氏のきめ細やかな備中流の匠の酒造りの技を駆使し、雄町酒の特長である幅のあるまろやかな旨みに仕上げた、料理との相性抜群のお酒です。
>>「燦然 特別純米 雄町」ページへ

ワイングラスでおいしい日本酒アワードについて
>>「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式ホームページ(外部)へ




「木村式奇跡のお酒 純米吟醸」 第11回全国美酒鑑評会 第1位大賞受賞

 2013年2/6〜8に東京ビッグサイト東展示棟・第13回グルメ&ダイニングスタイルショー春2013会場内で開催された「第11回全国美酒鑑評会 冷酒部門」にて、「木村式奇跡のお酒 純米吟醸」が第1位大賞に輝きました。 (2013/3/5更新)

日本全国美酒鑑評会とは
 同コンテストは、上述の第13回グルメ&ダイニングスタイルショー春2013会場内で開催された"流通の流通による消費者のための清酒コンテスト"として開催され、1.8Lで3000円前後となる純米吟醸酒を中心とするお酒が出品され、実際に消費者に接する流通・サービス業に従事する酒販関係者等が利き酒し、「売れると思う」「自分の好きな」日本酒を選出し、集計して順位が決まります。冷酒部門には全国のお酒21酒が出品されています。
【主催・運営】 
 潟rジネスガイド社 グルメ&ダイニングスタイルショー事務局
 日本全国美酒コーナー・日本全国美酒鑑評会運営事務局
>>「第11回全国美酒鑑評会実績報告書」ページへ(外部pdf)

商品概要
 「奇跡のりんご」で知られる、木村秋則氏指導のもと、木村式自然栽培によって生育・収穫した自然栽培米。 農薬、除草剤を使用しない、そして化学肥料・有機肥料も使用しない、自然栽培のお米で醸した、自然の恵みを味わって頂きたい純米吟醸酒です。
>>「木村式奇跡のお酒」商品ページへ



「燦然 大吟醸 ,本醸造」 平成24年広島国税局清酒鑑評会で7年連続となる
  W優等賞受賞!


 10/1・2に決審が行われた平成24年広島国税局清酒鑑評会の「香りを主たる特徴とする清酒」「燗酒」の両部門において、それぞれ「燦然 大吟醸/本醸造」が優等賞に輝きました。弊社の大吟醸酒は昨年までの吟醸部門との通算で8年連続、本醸造酒は昨年までの本醸造部門との通算で7年連続の受賞となます。 (2012/11/12更新)

倉敷 地酒 燦然 大吟醸 広島国税局清酒鑑評会 優等賞 倉敷 地酒 燦然 本醸造 広島国税局清酒鑑評会 優等賞 リンク4
広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内中国地方5県(岡山・広島・山口・鳥取・島根)の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。平成23酒造年度より、出品部門が「香りを主たる特徴とする清酒」「味を主たる特徴とする清酒」「燗酒」の3部門に変更になりました。
 「香りを主たる特徴とする清酒」部門では70出品酒中27酒、「燗酒」部門では60出品酒中22酒に優等賞が授与されています。



「奇跡のお酒 純米吟醸」 第10回全国美酒鑑評会 冷酒部門 第3位受賞

木村式奇跡のお酒 2012年9/5〜7に東京ビックサイト東展示棟・グルメ&ダイニングスタイルショー会場内で開催された「第10回全国美酒鑑評会 冷酒部門」にて、「木村式奇跡のお酒 純米吟醸」が第3位に輝きました。  このコンテストは"流通の流通による消費者のための鑑評会"として開催され、1.8Lで3000円前後となる純米吟醸酒を中心とするお酒が出品され、実際に消費者に接する流通・サービス業に従事する酒販関係者等が利き酒し、「売れると思う」「自分の好きな」日本酒を選出し、集計して順位が決まります。冷酒部門には全国のお酒29酒が出品されています。 (2012/10/27)
【主催・運営】 
 潟rジネスガイド社 グルメ&ダイニングスタイルショー事務局
 日本全国美酒コーナー・日本全国美酒鑑評会運営事務局
>>「第10回全国美酒鑑評会実績報告書」ページへ(外部pdf)

商品概要
 「奇跡のりんご」で知られる、木村秋則氏指導のもと、木村式自然栽培によって生育・収穫した自然栽培米。 農薬、除草剤を使用しない、そして化学肥料・有機肥料も使用しない、自然栽培のお米で醸した、自然の恵みを味わって頂きたい純米吟醸酒です。
>>「木村式奇跡のお酒」商品ページへ



「燦然 純米『雄町』」,雄町サミット2012 鑑評会で優等賞受賞!

 8/1(水)に東京・椿山荘で開催された
『雄町サミット2012』の鑑評会純米酒部門で、「燦然 純米『雄町』」が前回(2010年開催)の受賞に引き続き2大会連続となる優等賞に輝きました。(2012/8/2)
燦然 純米雄町 雄町サミット優等賞 商品概要
 岡山の誇る酒造好適米「雄町」を100%使用。雄町米は良酒の源である心白と呼ばれる中心の柔らかい部分が大きく、また限定吸水法によって吸水歩合を一定に保つなど杜氏の卓越した技でもって丁寧に醸すことにより、雄町ならではの幅のある、まろやかな旨みを引き出した飲みあきしない純米酒に仕上がっています。
>>商品のご案内「純米酒」ページへ

雄町サミット2012とは
 JA全農おかやま、岡山県酒造組合、岡山県酒造好適米協議会主催。全国の酒蔵が求める、岡山ルーツで今なお全国生産量の約9割を占める高級酒米「雄町」で醸したお酒の魅力をより広く伝えることを目的としたイベントです。お酒にまつわる講演、雄町の生産農家の方との対談の他、全国の雄町を用いた地酒の鑑評会、そしてその公開利酒会等が開催されました。鑑評会には、吟醸の部と純米の部にあわせて106酒が出品され、両部門あわせて28酒が優等賞に輝きました。

燦然 純米雄町 雄町サミット優等賞


「燦然 大吟醸」 平成23酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞

 独立行政法人・酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会にて、「燦然 大吟醸」が金賞に輝きました。第95回備中杜氏自醸清酒品評会の第1位優等賞とのW受賞となります。 (2012/5/18更新)

全国新酒鑑評会とは
 日本において唯一となる国のお酒の研究所、独立行政法人・酒類総合研究所が主催する、今回通算100回となる全国規模で開催される清酒鑑評会。その年に製造された全国の清酒の製造技術と酒質の現状及び動向を明らかにし、さらなる製造技術と品質の向上を図る鑑評会です。
予審が4/24〜4/26、決審が5/8・9に開催され、優秀と認められたものが入賞酒、さらにその中で特に優秀と認められたものが金賞酒となります。今年は出品酒876点から247点が金賞に輝いています。



「燦然 大吟醸」 インターナショナル・ワイン・チャレンジ2012 SAKE部門
  吟醸・大吟醸の部 金賞受賞


大吟醸 金賞酒  世界最大規模を誇るワイン・コンペティションであるインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)のSAKE部門、吟醸・大吟醸の部において「燦然 大吟醸」が、170出品酒中5酒しか選出されなかった金賞に輝くことができました。全国新酒鑑評会・金賞,第95回備中杜氏自醸清酒品評会の第1位優等賞に続く快挙です! (2012/5/31更新)

インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC),SAKE部門とは
 IWCには毎年9,000銘柄を超えるワインが出品され、世界で最も影響力のあるコンペティションとして知られています。IWCのメダルを受賞することは、生産者の技能が世界的に認められ、小売業者や卸売業者にとっても受賞ワインを取り扱うことは誇りとなります。 「SAKE部門」の審査には、英国及び欧州各地より日本酒のサービス、販売等の経験が豊富な関係者が集められ、酒サムライ本部からも2名の専門家を評価基準のアドバイス役も兼ねて参画しております。
(参考:酒サムライホームページ)



「燦然 大吟醸」 第95回備中杜氏組合自醸清酒品評会 優等賞第1位受賞

 2012/5/11に行われた上記品評会において、「燦然 大吟醸」及び備中杜氏・菊池東が優等賞第1位、また菊池酒造が最優等賞製造場に輝きました。 (2012/5/15更新)

備中杜氏自醸清酒品評会とは
 備中とは菊池酒造のある倉敷市玉島を含む、主に岡山県西部地域の旧国名です。特にこの南西部地域においては、江戸時代より酒造りの責任者となる杜氏出身者が集中しており、彼らは「備中杜氏」と呼ばれてきました。本清酒品評会は、現在備中杜氏をおく、岡山県内外の酒造場のもと醸された大吟醸酒を審査し、備中杜氏の酒造りの技術、及びお客様により喜んで頂ける清酒製造への技術研鑽の場となる品評会です。



「燦然 純米山田錦」 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012で最高金賞受賞
  「燦然 大吟醸原酒」も金賞受賞!!


 2012/2/16に審査会が開催された「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」において、1.8L・3,000円以下の部門で「燦然 純米山田錦」が最高金賞(162出品中,11酒のみ選出)に、また大吟醸部門で「燦然 大吟醸原酒」が金賞(115出品酒のなかで38酒が選出)のW受賞に輝きました。
 本コンテストは、ワイングラスによって日本酒を飲むと言う新しいスタイルを通じて、日本酒の持つ美味しい味わいばかりでなく、"香りの良さ"や、微妙な色つきによる見た目の美しさ・粘性などの"見る楽しさ"を提案し、それに秀でた日本酒を選出するコンテストです。
 ぜひ両酒とも、ほどよく冷やした状態でワイングラスでお試しください!!(2012/2/22更新)

「燦然 純米 山田錦」
 最高級の酒造好適米「山田錦」使用。はぜ込みの良い栗香のするこうじづくりで、山田錦のまろやかでありつつすっきりとした味わいを引き出した、幅広いお料理と相性抜群の辛口純米酒です。
>>「燦然 純米酒 山田錦」ページへ


「燦然 大吟醸原酒」
 最高級の酒米「山田錦」を35%に磨き上げ、 杜氏菊池東の酒造りの匠の技 (ストップウォッチで時間を計測しながらの洗米・吸水、低温長期発酵の温度管理など) の全てを尽くし贅を極めた大吟醸。 吟醸香と呼ばれる華やかな芳香と、バランスの取れた気品に満ちた深い味わいです。
>>「燦然 大吟醸原酒」ページへ

ワイングラスでおいしい日本酒アワードについて
>>「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式ホームページ(外部)へ



「燦然 大吟醸/純米雄町/本醸造」 平成23年広島国税局清酒鑑評会で
  6年連続となる3部門優等賞受賞!  弊社による最多3部門連続受賞記録を更新


 10/5・12に行われた平成23年広島国税局清酒鑑評会の吟醸酒・純米酒・本醸造酒の各部門において、それぞれ「燦然 大吟醸/純米雄町/本醸造」が優等賞に輝きました。大吟醸と純米部門では7年連続、本醸造部門では6年連続の受賞となます。3部門の6年連続での受賞は、中国地方5県(岡山、広島、鳥取、島根、山口)の酒蔵のなかで唯一となり、昨年の弊社5年連続3部門受賞記録を更新する快挙となります!! (2011/11/17更新)


広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内5県の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。吟醸・純米吟醸・純米・本醸造部門があり、ひとつの酒蔵場あたり3部門まで出品することが可能です。
 特に香味のバランスや後味のキレに優れ、酒造技術力が高く評価された清酒に優等賞が授与されます。今回の鑑評会では、出品198点のうち78点(全部門合計)が優等賞を授与されました。




「燦然 純米大吟醸」 2010年秋季全国酒類コンクールで第1位受賞!!

 全日本国際酒類振興会主催、2010年秋季全国酒類コンクール・純米大吟醸・純米吟醸部門において燦然純米大吟醸が第1位(同率)に輝きました。(2011/06/15)
燦然特別純米酒雄町_2009酒類コンクール表彰

「燦然 純米大吟醸」概要
 高梁川の豊かな水系と瀬戸内の温暖な気候のもと、その恵まれた風土と歴史に育まれた環境の中で醸された純米大吟醸です。40%まで磨き上げた「山田錦」を用い、モーツァルトの音楽が 流れる蔵の中で低温でじっくりと醸されたました。 芳醇な香りと、きめ細やかでまろやかな味わいが絶妙のハーモニーを織りなす贅沢なお酒です。
>>「燦然 純米大吟醸」ページへ




「燦然 大吟醸原酒」・「燦然 純米酒 -山田錦- 」
  平成23年岡山県清酒品評会 吟醸・純米 各部門で第1位県知事賞を受賞!!
 

 岡山県酒造組合が4月4日に開催した平成23年(平成22酒造年度)岡山県清酒品評会において、「燦然 大吟醸原酒」が吟醸部門で、「燦然 純米酒-山田錦-」が純米部門にて第1位岡山県知事賞に輝きました。
吟醸部門では4年連続、また吟醸・純米の2部門W受賞の快挙です!! (2011/4/5)


「燦然 大吟醸原酒」概要
 最高級の酒米「山田錦」を35%に磨き上げ、 杜氏菊池東の酒造りの匠の技 (ストップウォッチで時間を計測しながらの洗米・吸水、低温長期発酵の温度管理など) の全てを尽くし贅を極めた大吟醸。 吟醸香と呼ばれる華やかな芳香と、バランスの取れた気品に満ちた深い味わいを
、冷酒または常温にてお楽しみ下さい。
>>「燦然 大吟醸原酒」ページへ

「燦然 純米酒-山田錦-」概要
 最高級の酒造好適米「山田錦」使用。はぜ込みの良い栗香のするこうじづくりで、山田錦のまろやかでありつつすっきりとした味わいを引き出せました。揚げ物,焼肉,焼き鳥,焼き物から和食,中華料理など、幅広いお料理と相性抜群の、辛口純米酒です。
>>「燦然 純米酒 山田錦」ページへ


岡山県清酒品評会とは
 岡山県内で醸造される清酒の品質向上を図るため醸造技術の研究に資するとともに、消費者の嗜好に対応した真に市場価値の高い酒質とするための醸造技術の改善・向上を促進することを目的とし、毎年4月に吟醸部門と純米部門の2部門で開催される清酒の品評会です。

>>「岡山県酒造組合」ページへ(外部ページ)


「燦然 大吟醸/純米雄町/本醸造」 平成22年広島国税局清酒鑑評会で
  5年連続となる3部門優等賞受賞! 中国地方5県の酒蔵で唯一の快挙!!


 10/6〜13に行われた平成22年広島国税局清酒鑑評会の吟醸酒・純米酒・本醸造酒の各部門において、それぞれ「燦然 大吟醸/純米雄町/本醸造」が優等賞に輝きました。大吟醸と純米部門では6年連続、本醸造部門では5年連続の受賞となり、5年連続での3部門受賞は中国地方5県(岡山、広島、鳥取、島根、山口)の酒蔵のなかで唯一となる快挙となります!! (2010/11/9更新)

広島国税局清酒鑑評会とは
 広島国税局が管内5県の清酒の品質評価を行い、優秀な製造技術を有すると認められる製造者を顕彰することにより、酒造技術の進歩・発展と清酒の品質向上を図ることを目的とする鑑評会。
 特に香味のバランスや後味のキレに優れ、酒造技術力が高く評価された清酒に優等賞が授与されます。今回の鑑評会では、出品209点のうち84点(全部門合計)が優等賞を授与されました。

「燦然 純米『雄町』」,雄町サミット2010 歓評会で優等賞受賞

 9/2(木)に東京・六本木で開催された『雄町サミット2010』の歓評会純米酒部門で、「燦然 純米『雄町』」が優等賞に輝きました。(2010/9/7)
燦然 純米雄町 雄町サミット優等賞 商品概要
 岡山の誇る酒造好適米「雄町」を100%使用。雄町米は良酒の源である心白と呼ばれる中心の柔らかい部分が大きく、また限定吸水法によって吸水歩合を一定に保つなど杜氏の卓越した技でもって丁寧に醸すことにより、雄町ならではの幅のある、まろやかな旨みを引き出した飲みあきしない純米酒に仕上がっています。
>>商品のご案内「純米酒」ページへ

雄町サミット2010とは
 JA全農おかやま、岡山県酒造組合、岡山県酒造好適米協議会主催。全国の酒蔵が求める、岡山ルーツで今なお全国生産量の約9割を占める高級酒米「雄町」で醸したお酒の魅力をより広く伝えることを目的としたイベントです。全国各地の雄町のお酒の利き酒会、歓評会等。

「燦然 上撰 本醸造」,燗酒コンテスト2010で金賞受賞

 スローフードジャパンと酒文化研究所が主催する『燗酒コンテスト2010』(2010/7/23開催)にて、『燦然 上撰 本醸造』が金賞を受賞致しました。(2010/7/29)


商品概要
 モーツァルトの音楽が流れる蔵の中で、米どころ岡山のお米と優れた水質を誇る高梁川の水、数多の賞に輝く備中杜氏の伝統的な酒造りの技でもって醸した本醸造酒です。幅のあるなめらかな旨さとキレの良さが冴え、料理との相性も抜群の定番のお酒で、冷やから燗にかけてオールマイティにおいしくお召し上がり頂けます。
>>商品のご案内「本醸造」ページへ

「燦然大吟醸」,岡山県清酒品評会にて第1位県知事賞を受賞  

 2010年4月に行われた岡山県清酒品評会吟醸の部で燦然大吟醸が第1位県知事賞を受賞。3年連続の快挙です!(10/4/10)

「新酒フェアー2010」にて出品
 4/9(金)〜4/11(日),岡山県酒造組合主催の『新酒フェアー2010』(JR岡山駅地下1番街「イルカの広場」)の無料試飲コーナーにて本大吟醸、金賞受賞純米酒、梅酒を,販売コーナーにおいて純米大吟醸及び特別純米酒「雄町」を取り扱っております。皆様のご来場をお待ちしております。

「燦然 純米『雄町』」 2009年秋全国酒類コンクール第1位を受賞 

 2009年秋全国酒類コンクールにおいて燦然特別純米酒「雄町」が第1位となりました。(09/11/1)

「燦然大吟醸,純米酒,本醸造酒」が広島国税局鑑評会にて優等賞

 広島国税局清酒鑑評会が開催され吟醸の部において燦然大吟醸が、純米の部において燦然純米酒「雄町」が、本醸造の部において燦然上撰本醸造がそれぞれ優等賞を受賞しました。3部門全部優等賞を受賞する蔵は珍しく、しかも4年連続3部門優等賞を受賞している蔵は中国5県の中で他に例を見ません。(09/11/1)



「燦然大吟醸」,岡山県清酒品評会にて第1位県知事賞を2年連続受賞

 岡山県清酒品評会吟醸の部で燦然大吟醸が第1位県知事賞を受賞。(09/4/10)

お酒は20歳になってからお飲み下さい。